マイクロスコープ

精密で正確な治療を実現するために

精密で正確な治療を実現するために

根管治療や外科的要因を含む歯科治療では、肉眼で確認しきれないような、1mm以下の神経や歯の血管などを治療する必要があります。とくに歯の神経は複雑に入り組んでおり、目視での治療は非常に難しいものでした。所沢市の歯医者「よしだ歯科クリニック」では、マイクロスコープを導入し、より正確で安全な精密治療をご提供。マイクロスコープを使用することで、治療範囲が狭くなり、術後の痛みなどを軽減することができます。

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)とは

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)とは

マイクロスコープは、高い拡大率と、歯科治療に適した機能を備えた歯科用顕微鏡です。マイクロスコープを使用することで、ごく小さな治療部位であっても、肉眼の約30倍と高い拡大率で視認できるようになります。レントゲンを頼りに治療していた従来の治療法に比べ、正確性・精密さが向上。難しい治療の一つである根管治療においては、複雑に入り組んだ形をしている根管を、正確に取り除くことができるようになり、よりクオリティの高い治療が可能となりました。

患部を正確に把握できるため、治療範囲を最小限にとどめることができます。治療範囲が少なければ、術後の痛みや腫れが少なくすみ、回復も早いので患者様にかかる負担が大幅に軽減されます。

Carl ZEISS社のOPMI pico with MORAを使用

Carl ZEISS社のOPMI pico with MORAを使用

よしだ歯科クリニック では、世界トップクラスの精度と称されているドイツの光学機器メーカー「Carl ZEISS(カールツァイス)社」のマイクロスコープを採用。優れた操作性に加え、肉眼の3~30倍まで確認できる拡大率、鮮明な像を映し出せる高性能レンズ、カメラを搭載しています。照明機能があり、治療部位に影ができないようしっかりと光を当て見ることができるので、非常に精密な治療が行えます。

小型カメラを内蔵し、治療部位を撮影可能。治療前・治療後の歯の状態を記録できるだけでなく、モニターに映し患者様と一緒にお口の状態を見ながら治療計画をご説明したり、治療後の経過をご覧いただきながらご説明したりすることができます。

主に根管治療で活用しています

主に根管治療で活用しています

虫歯が進行してしまうと歯の神経まで虫歯菌に冒され、最悪の場合抜歯となってしまうことがあります。根管治療は、この虫歯菌に冒された歯の神経や血管を残さず取り除き、洗浄・薬の充填によって抜歯せず歯を残す治療法です。しかし、根管はとても細く、形状も複雑で入り組んでいるため、目視やルーペを使った治療では完全に取り除くのに時間がかかり、患者様へも大きな負担がかかっていました。マイクロスコープは、このような難しい根管治療で大きな役割を担います。肉眼でとらえきるのが難しい根管をすべて確認できるので、余分に歯を削る必要もありません。

まだ日本での導入率は低く、全体の数%ほどしか導入されていませんが、アメリカの根管治療専門医には、マイクロスコープの導入が義務化されるほど重要な機器として位置づけられています。

マイクロスコープを使用することで可能になること

  • 治療の精度が上がり、よりクオリティの高い治療を患者様へ提供できる
  • 根管治療の成功率が高まる
  • 患部を確認しやすくなるため、歯を削る量が必要最低限ですむ
  • インプラントや歯周病などの外科的手術でも、切開部分が少なくすみ、出血・痛みが軽減できる
  • 目視では見つけられないような、小さな虫歯も見つけられるので、早期治療が可能になる
  • 虫歯の取り残しがないかミクロ単位でチェックでき、再発予防になる
  • 詰め物をする際、細やかな作業が可能となり、美しい歯に仕上がる
  • 医師の作業効率が上がり、より正確で安全な治療を患者様に提供できる
  • 治療範囲を最小限にできるので、術後の回復が早い

清潔な院内で、くつろいでお過ごしくださいよしだ歯科クリニックの院内案内はこちら

所沢駅西口から徒歩11分 駐車場完備アクセスはこちら

↑