虫歯治療

歯の痛み、我慢しないですぐに治療を

「最近、何だか歯が痛い」「冷たいものがしみるようになった」という方は、虫歯にかかっているかもしれません。
虫歯は自然に治ることはなく、ほうっておくとどんどん悪化してしまう病気です。
「歯が痛い」「歯がしみる」といった虫歯のサインを感じたら、すぐに所沢市の歯医者「よしだ歯科クリニック」へご相談ください。

ごく初期の虫歯であれば、再石灰化をうながすことで治るケースもありますが、進行した虫歯は歯を削って治療する必要があります。
治療で削った歯から虫歯はなくなりますが、もとの健康な状態に戻るわけではありません。
早期発見・早期治療につとめることで治療時に歯を削る量を減らし、歯へのダメージを抑えることが大切です。

虫歯の症状と治療

  症状 治療法
CO 初期虫歯
[画像]CO 初期虫歯
ごく初期の虫歯です。
歯の表面が白く濁った状態で、痛みなどの自覚症状はまだありません。
適切なブラッシングやフッ素の塗布といったケアによって、治ることがあります。
C1 エナメル質の虫歯
[画像]C1 エナメル質の虫歯
歯の表面にある、硬いエナメル質にできた虫歯です。
黒ずんで見えるようになりますが、痛みはまだありません。
虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療した部分をおぎないます。
C2 象牙質の虫歯
[画像]C2 象牙質の虫歯
エナメル質の内側にある、象牙質に達した虫歯です。
甘いものや冷たいものを食べると痛むことがあります。
症状によっては局所麻酔を打ち、虫歯に冒された部分を削ります。
型を取って詰めもの(インレー)を製作し、患部をおぎないます。
C3 神経の虫歯
[画像]C3 神経の虫歯
象牙質が溶かされ、さらに内部の神経まで達した虫歯です。
何もしていなくても、常に激しく痛みます。
虫歯に冒された部分を削り、根管治療を行います。
治療後は被せもの(クラウン)で患部をおぎないます。
C4 末期の虫歯
[画像]C4 末期の虫歯
歯根にまで達した虫歯です。
すでに神経が死んでいるので痛みはありませんが、歯根の先に膿が溜まる(根尖病巣)と再び激しく痛みます。
ほとんどの場合、抜歯が必要です。
抜歯後は失った歯の機能をおぎなうために、インプラントや入れ歯といった補綴(ほてつ)治療を行います。

私たちになら、残せる歯があります~根管治療~

虫歯が進行して歯の神経まで達した状態(C3)のままほうっておくと、やがて抜歯が必要になります。
全身の健康と密接に関わっている歯を残すことには、健康の面でも見た目の面でも非常に大きなメリットがあるため、できるだけ抜歯は避けなければなりません。
それを防ぐための手段が「根管治療」です。

根管治療とは

根管治療とは、歯の神経や血管が通った細い管(根管)に対して行う治療法です。
虫歯菌に冒された神経をすべて取りのぞき、根管内部をきれいに洗浄・消毒した上で薬剤を詰めて無菌状態をつくり出し、被せものでしっかり密封します。

複雑で細かい根管を扱うこの治療には高度な技術が欠かせませんが、処置を確実に行えれば歯は残せます。
重度の虫歯から歯を守るための治療なので時間はかかりますが、歯にとって一番大切な部分の治療なので、私たちは決して妥協をしません。
患者様と私たちスタッフ一同、二人三脚で最善の結果を追求していきましょう。

当院では、根管治療を行う際にマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用し、従来の治療よりもはるかに精度が高く患者様のお身体の負担にも配慮した精密な治療を行っております。詳しくはこちらをご覧ください。

あなたの健やかな歯と笑顔を守るためにできること当院の特徴はこちら

↑