歯科インプラント

失った歯の機能を取り戻したいなら~インプラント治療~

インプラント治療は、失った歯の機能をおぎなうための補綴(ほてつ)治療のひとつです。
歯を失った部分の顎の骨に外科的処置でチタン製の人工歯根(=インプラント)を埋め込み、セラミック製の歯冠を装着します。
チタンは生体親和性が高い素材で、埋め込んだ顎の骨にがっちりと結合されるため、まるで自分の歯のような自然な咬み心地が得られます。
見た目が自然なので、人工の歯と気づかれにくいのも特長です。

インプラント治療のメリット

インプラント治療では顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込むという外科的処置が必要ですが、入れ歯やブリッジといった他の補綴治療にはないメリットがたくさんあります。

インプラント治療のメリット
自分の歯と同じように咬める 入れ歯になると咀嚼(そしゃく)が難しくなるといわれますが、骨に固定するインプラントなら自分の歯と同じように違和感なく何でもしっかりと咬むことができます。
天然歯と見た目がかわらない 一般的な保険適用の部分入れ歯の場合、固定するためのバネが目立ってすぐに入れ歯だとわかってしまいます。
インプラントなら、人工歯だと気づかれる心配はほとんどありません。
隣の歯に負担をかけない ブリッジでは失った歯の隣の歯を削って支えとしますが、大きな負担がかかるため、その歯を失ってしまう可能性が高まります。
インプラントは直接顎の骨に固定するので隣の歯に負担をかけません。
顎の骨がやせない 食べものを咬む刺激が伝わらなくなると、顎の骨が徐々にやせてしまいます。
インプラントなら骨に咬む刺激が伝わるので、骨が吸収されるのを防げる(=やせにくくなる)といわれています。

インプラント手術は危険?

インプラント治療には外科的手術をともなうため、まったくリスクがないわけではありません。
歯科医師の技術や経験、衛生管理、十分な検査体制などが揃った状態で、患者様の口腔内環境や全身状態を見きわめなければ、トラブルにつながる可能性もあります。

インプラント治療によって引き起こされる可能性があるトラブル
神経麻痺(知覚異常) 主に下顎において、神経に人工歯根や術者が触れるなどして神経が損傷した場合に起こります。
表情筋などには影響ありませんが、水をうまく飲めずにこぼしてしまうことなどがあります。
ほとんどの場合は数週間から数か月で、徐々に回復します。
出血(血管損傷) インプラント治療後も、食事や会話をする中でどうしても若干の出血が生じます。
ただし、治療後に自宅に帰って大量の出血があったり内部に血が溜まったりする場合には、動脈などの血管の損傷が疑われます。
術後の腫れ 通常1~3本程度のインプラント治療なら、術後に腫れるリスクはあまりありません。
しかし外科処置にともなう感染や内出血で稀に腫れるケースもあります。
術後は安静にすることや、一定間隔で冷やすことが大切です(冷やし続けると逆効果になります)。
  • 歯科用CTを用いた「安心」への取り組み01
  • 歯科用CTを用いた「安心」への取り組み02
歯科用CTを用いた「安心」への取り組み
  • 歯科用CTを用いた「安心」への取り組み01
  • 歯科用CTを用いた「安心」への取り組み02

所沢市の歯医者「よしだ歯科クリニック」では歯科用CTを使用し、血管や神経の位置、土台となる骨の厚みなどを3次元画像でしっかりと把握した上で精密治療に取り組みます。
詳細な情報を得ることによって正確に処置を行えるので、上記のようなトラブルのリスクを大幅に低減することができます。

当院で採用している株式会社ヨシダ製の歯科用CTは、一般的な医科用CTに比べて撮影時の被ばく線量が8分の1程度に抑えられます。
高額な設備ではありますが、患者様の負担を考慮して導入いたしました。

痛みが気になる方に

手術が必要なインプラント治療に対して、「痛そう」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?
しかし、手術の際には局所麻酔を使用するため、実際には痛みはありません。
麻酔の効きが足りずに痛み出した場合は、申し出ていただければすぐに麻酔を行います。

術後は、麻酔が切れると痛みを感じますが、この際の痛みは「抜歯と同程度」とたとえられます。
もちろん痛みには個人差がありますが、痛み止めが効かないほどひどく痛むという方はほとんどいらっしゃいません。
イメージだけで敬遠されていた方も、一度ご相談ください。

こんな方におすすめ!インプラント治療

インプラント治療には他の補綴治療にないメリットがあるため、以下のような方には特におすすめの治療法です。

入れ歯を何度もつくり直している

入れ歯は食べものを咬む刺激が顎の骨に伝わりにくいため、骨が徐々にやせていきます。
そのため、合わなくなるたびにつくり直さなくてはいけません。
しかしインプラントなら入れ歯に比べて顎の骨がやせにくくなるため、メインテナンス次第では数十年にわたって使い続けることができます。

入れ歯のお手入れが面倒

入れ歯を清潔に保つには、食後や就寝前の丁寧なクリーニングが欠かせません。
自分の歯とは別に時間をかけて入れ歯をケアしなければならないのは、意外と面倒なもの。
インプラント治療なら自分の歯と同様、毎日のブラッシングと数か月に1回の定期検診だけで済むので、別途お手入れをする必要はありません。

入れ歯にしてからしゃべりにくい

入れ歯は正しい発音をするのが難しく感じられる場合もあり、それが原因で会話が億劫になってしまう方もいらっしゃいます。
インプラント治療なら固定式なので装着時のズレや違和感がなく、話しやすくなります。

入れ歯にしてから硬いものが食べられない

入れ歯の咬む力は、天然歯の3分の1程度と言われています。
また、合わない入れ歯で硬いものを咬むと、痛みを感じることもあります。
インプラントならがっちりと骨に結合されるので、天然歯と同じように硬いものも咬みくだけるようになります。
咀嚼(そしゃく)力の向上は、胃腸が弱い方の負担軽減にもつながります。

一番奥の歯が抜けたため、ブリッジにできない

ブリッジを装着するには、両側に支えとなる歯が必要です。
そのため、奥歯の補綴には使用することができません。
インプラントなら、1本で独立するので、周囲の歯がなくても適用することができます。

周囲の健康な歯を傷つけたくない

ブリッジの支えにするには、健康な歯を大きく削らなくてはいけません。
一度削った歯は二度ともとには戻らず、歯質がもろくなることから割れてしまうケースもあります。
周囲の歯に負担をかけたくない(健康な歯を末長く維持したい)なら、インプラント治療がおすすめです。

あなたの健やかな歯と笑顔を守るためにできること当院の特徴はこちら

↑