小児歯科

未来を支える大事な土台~子供の歯を守りましょう~

お子様の歯(乳歯)は、「未来の健康」を支える大切な土台です。
「どうせ永久歯に生えかわるのだから、乳歯は虫歯になっても気にしない」などと考えている方もいらっしゃいますが、その考え方は正しくありません。
乳歯の虫歯は咀嚼(そしゃく)による顎の健全な発達や成長期に必要な栄養の吸収を妨げ、適切な時期まで永久歯の生えるスペースを確保することができなくなることから、成長に悪影響を与える可能性があるのです。

乳歯のうちから虫歯をしっかりと予防し、万が一できてしまった虫歯はできるだけ早く治療してあげましょう。
所沢市の歯医者「よしだ歯科クリニック」では、虫歯を適切に治療するのはもちろん、虫歯を招きにくくする予防処置にも力を入れています。
小児歯科ではお子様が治療に対して前向きになれるような働きかけもしていきますので、お子様の将来の健康のため、親御様もぜひご協力ください。

進んで治療を受けてもらうために
~無理強いしない小児歯科治療~

乳歯や生えたての永久歯は、大人の歯に比べると歯質がやわらかいという特徴があります。
そのため虫歯にかかりやすく、一度虫歯にかかるとすぐに進行してしまうのです。
初期段階の虫歯なら、治療時の痛みもほとんどありません。
お子様の治療負担を小さくするためには、「虫歯にさせないこと」と「できるだけ早く治療すること」が大事。
痛い治療を避けることは、お子様が進んで歯科診療を受けることにもつながります。

当院の小児歯科では痛みがひどいなどの緊急性が高い場合をのぞき、お子様を強引に押さえつけて治療することはありません。
なぜなら、そういったやり方でお子様が「歯医者嫌い」になってしまったら、歯医者へ気軽に行けなくなって虫歯や歯周病を放置・悪化させてしまう可能性が高まるからです。
お子様に楽しく通院してもらい、進んで治療に取り組んでもらえるようスタッフ一同努力しておりますので、歯科治療がはじめてのお子様もお気軽にご来院ください。

保育士資格者が在籍しています

所沢市のよしだ歯科クリニックには、保育士の資格を持っている歯科衛生士が在籍しています。
保育の知識を活かして歯科治療に対するお子様の不安・ストレスを軽減できるのはもちろん、子供との触れ合いに慣れたスタッフがいることで、親御様には安心して自身の治療を受けていただけます。

成長期だからできる治療があります~小児矯正~

食生活の変化によって、私たちの口にする食べものはほとんどがやわらかいものになりました。
それにともなって、子供が食べものを咬む回数も数十年前に比べると非常に少なくなってきています。
そのために歯を支える顎の骨が十分に発達せず、歯が並ぶためのスペースが足りなくなって、歯並びが乱れてしまうお子様も増えてきました。

歯が生えるスペースが足りない場合、通常の矯正治療では抜歯をしますが、成長期のお子様であれば顎の骨の健全な成長をうながしてあげることで、必要なスペースを確保できる可能性が高まります。
食事内容の見なおしや生活習慣の改善に加え、乳歯の時期から歯列矯正を行うことで、永久歯の抜歯をせずに美しい歯並びが手に入れられるかもしれません。

ただし、この方法を適用できる年齢は限られています。
8歳を過ぎると通常の矯正となる場合が多いため、お子様の歯並びが気になった時点で早めにご相談ください。
このほかにも、受け口を治療するための「ムーシールド」(3歳から適用可能)など、お子様の正しい成長を導く治療法をご用意しています。

生まれてくるわが子のために~マタニティ歯科~

女性は妊娠すると、お口の中の環境が変化しやすくなることをご存じでしょうか?
妊娠が口腔内環境に与える影響には、次のようなものがあります。

妊娠が口腔内環境に与える影響
ケア不足 ホルモンバランスの変化
つわりがひどい場合は、ブラッシングなどのケアがむずかしくなり、歯垢(プラーク)が蓄積しやすくなります。 妊娠によって女性ホルモンの分泌が増えると、歯周病菌が増殖しやすくなります。
だ液の減少 免疫力の低下
妊娠中はだ液の分泌量が減少するため、口腔内の自浄作用が低下し、虫歯や歯周病のリスクが高まります。 妊娠中は身体の免疫力や抵抗力が低下するので、お口の中で細菌が繁殖しやすくなります。

これらの影響によって妊娠中は虫歯や歯周病にかかりやすくなるため、いつも以上にお口のケアに注意する必要があります。
つわりがひどいときは歯みがき粉をやめたり、歯ブラシをヘッドの小さいものにかえたり、うがいの回数を増やしたりといった方法で、できる限りお口のトラブルを予防していきましょう。

妊娠性歯周炎を防ごう

妊娠中のお口のトラブルの中でも、特に注意したいのが歯周病です。
妊娠中の歯周病は「妊娠性歯周炎」と呼ばれますが、この妊娠性歯周炎は高齢出産やアルコール摂取以上に低体重児出産や早産のリスクを高めてしまうことがわかっています。

歯周病菌は血管に入り込み、子宮の筋肉に陣痛と似た収縮を引き起こすことがあります。
その収縮が引き金になり、早産を招くことがあるのです。
生まれてくるかけがえのないわが子のために、妊娠中の歯周病は早めに治療しましょう。
妊娠を計画されている方は、事前に歯科医院にお越しいただくことをおすすめします。

治療を受けるタイミング

「妊娠中は歯科治療が受けられない」と思っている方もいらっしゃいますが、適切な時期を選べば治療は可能です。
むしろ生まれてくる赤ちゃんのためには、治療を受けておいた方が安心。
口腔内環境を健やかに整え、万全の状態で出産を迎えましょう。

妊娠初期
(~4ヶ月)
歯科治療にはストレスを感じる人も少なくありません。
切迫流産のリスクやつわりがある時期なので、治療はひかえてゆったりと過ごしましょう。
妊娠中期
(5~8ヶ月)
安定期なので、治療を受けるのに適した時期です。
自覚症状がなくても、一度検診を受けておきましょう。
妊娠後期
(8ヶ月~)
お腹が大きくなり、陣痛が起こる可能性もある時期なので、治療は避けましょう。
出産後に受診することをおすすめします。

ママにもお子様にもうれしい当院の工夫

所沢市のよしだ歯科クリニックでは小さなお子様にもご来院いただきやすいよう、院内の設備にも気を配っております。
キッズスペースやベビーチェア、小型ベッド、おむつ交換台などをご用意しておりますので、お気軽にご利用ください。

キッズスペース ベビーチェア
診療前・診療後の時間を、退屈せずにお待ちいただけます。 乳児期のお子様も、安心して座れます。
広々としたユニットスペース おむつ交換台
ベビーカーを横付け出来るのでまだ椅子に座れないお子様も安心です。 おむつ交換のために、お気軽にお使いください。

あなたの健やかな歯と笑顔を守るためにできること当院の特徴はこちら

↑